広島かき

牡蠣の本場「広島」から、全国にお届けいたします!

通話料無料 0120-988-008
FAX 0120-988-026

牡蠣の生産地「呉市のご紹介」

呉市は広島県の南西部に位置しており、温暖な気候と瀬戸内海に面した自然豊かな臨海都市です。
地形的に天然の良港と言われ、古くは村上水軍の根城、明治時代以降は帝国海軍・海上自衛隊の拠点となっています。

大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)・てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)、旧呉鎮守府司令長官官舎(入船山記念館)など海軍・海上自衛隊に関する博物館があります。

広島県 呉市の風景

大和ミュージアム

10分の1スケールの戦艦大和が展示してあり、年間の来館者数は100万人を誇ります。
館前には戦艦「陸奥」の41センチ主砲身、てつのくじら館などがあります。
2015年4月23日開館より10周年を迎えました。

当店オリジナル「戦艦大和グッズ」
姉妹店「戦艦大和ショップ」・大和ミュージアムでも販売中!


呉市街地の夜景(灰ヶ峰山頂から)

標高737メートルの灰ヶ峰から呉市街地を広く見渡すことができます。

日本三大夜景の函館山より2倍以上の高さがあり、その夜景はまるで天上から眺めているようです。


呉海上花火大会

呉の夏を彩る風物詩となっている一大イベント。

海上自衛隊基地のある呉湾で護衛艦をバックに海上から花火が打ち上げられます。


音戸大橋

幅90mの音戸の瀬戸に架かる主橋梁長172mの真紅の橋。

1,000トン級船舶の航行を可能とするため螺旋(らせん)式とループ式の取付道路をもつ高架橋として、総工費3億6,200万円をかけて1961(昭和36)年12月に完成しました。


蔵本通り

呉を代表するレンガの歩道で、読売新聞が募集・選定をした、新・日本の街路樹100景にも選ばれました。

門の役目を果たす出会いの広場、水の広場、集いの広場、芸術の広場、こもれび広場、花の広場と、レンガの歩道等からなっています。


松濤園(しょうとうえん)全景

松濤園は、三之瀬瀬戸の急潮を借景に、松を主樹としたみどり豊かな落ち着きと潤いのある庭園です。

下蒲刈町は、古くから瀬戸内海の海上交通の要衝として栄えてきました。


とびしま海道に架かる7つの橋

安芸灘の島々には、7つの橋が架かっており、安芸灘大橋をスタート地点とした片道約50kmのサイクリングコースは高低差が少なく初心者にも優しいコースです。

交通量が少なく信号もほとんど無いので非常に快適なサイクリングが楽しめます。

道中には、7つの大橋の他にも、松濤園、御手洗の町並み、県民の浜などを始め、見所が数多くあります。

また、下蒲刈島の「海駅 三之関」や、上蒲刈島の「県民の浜」など数カ所で自転車のレンタルが利用できるほか、簡単な修理、工具の貸し出しなどのサービスが受けられます。


TOP